精力剤を飲むと安眠できる理由

精力剤を飲むと元気に溢れ、眠気も吹き飛ばすようなイメージが強いでしょう。

そのイメージは間違っているわけではなく、滋養強壮効果による『体力不足で発生する眠気』は防ぎやすくなっており、息切れと眠気が起きやすい人にも役立ちます。

その一方で「精力剤を飲み始めてからよく眠れるようになった」という声も多く、精力とは結びつきにくい安眠効果もあるでしょう。

飲み始めた初期からこういった効果は実感しやすく、「もしかして、飲むサプリメントを間違えたかも?」と気になるかもしれません。

ですが、精力剤による安眠効果は正常な働きと言っていいでしょう。そもそも精力がみなぎる状態とは『疲れもなく体力と気力が満ちている状態』でもあるため、体力も気力も奪う睡眠不足は天敵です。そんな天敵を排除するために安眠させるのは、正しい作用と言えるでしょう。

そうなると「精力剤で安眠を招く成分はどれだろう?」と気になりますよね?今回は精力増強だけでなく安眠にも役立つ成分を挙げていくので、「どうも眠りにつきにくい…」という人は、配合成分をチェックするといいでしょう。

精力増強と安眠を両立する成分といえば、やはり『トリプトファン』が有名です。これは本来乳製品などから摂取できるアミノ酸で、自律神経を整えて精神を落ち着かせ、安眠を促す作用があります。

メンタルの改善に役立つことからうつ病患者にも摂取が推奨されており、精力が増強できるサプリメントで気分が上向きになりやすいのは、トリプトファンのおかげかもしれません。

また、トリプトファンは全身の血行もスムーズにしてくれるため、健康的な勃起を促してくれます。血行が悪い人は勃起しにくくなってしまうため、ED予防という意味でもトリプトファンは役立ちます。

そして精力剤の成分として有名すぎる『すっぽん』も、安眠を促すと言われます。「すっぽんを摂取すると目が冴えて眠れなさそう…」と思われやすいですが、それは単なるイメージです。

すっぽんには豊富なアミノ酸が含まれており、ホルモンバランスも整えてくれると言われます。

ホルモンバランスが崩壊した人はイライラしやすいように、バランス調整をしてくれるすっぽんは精神の安定に欠かせないのです。

このように、有名な成分は安眠効果も含んでいる場合が多く、重度の不眠になる前に摂取すると役立ちます。

さすがにしばらく不眠が続いているなら厳しいですが、眠りにつくまで時間がかかりやすい人は、精力剤で優しく眠りを促すといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です